レーシックの安全性は非常に高い

レーシックに注目が集まってきているその背景には非常に高い安全性というものが第一に挙げられます。
しかしその一方におきましては、まだレーザー治療で視力回復するのに不安を抱いている人が大勢いるのです。 最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。
レーシックというのは眼科の専門医によって適正な手術をしてもらうことで、非常に安全に進めていくことが出来ます。
最新の治療機器が揃っており、またアフターフォローも充実しているクリニックを選ぶようにしましょう。

 

日本国内におきまして、レーシック手術による失明の報告はされていませんが、失敗のリスクが全く無いというワケではありません。
将来的には、合併症などの心配を指摘している専門家の意見もあることから日本でのレーシックの普及はまだまだ発展途上と言えます。



レーシックの安全性は非常に高いブログ:21-04-08

ぼくがママの料理のありがたみを知ったのは、
高校2年のときでした。

体を悪くしたママが、
一ヶ月入院することになったのです。

母子家庭の我が家では、ママは大黒柱。
このままママがいなくなるのではないかと…
とても心細かったのを覚えています。

それまで、
きちんと料理の手伝いをしていなかったぼくは、
ママの見舞いに行っては
ご飯の炊き方から聞くような連日でした。

最初はママの見よう見まねで、
6時食の用意、お弁当作り、夕方飯の用意…
とやっていました。

しかし、授業を終えバイトから帰るとへとへとで、
自炊などとてもできる状態ではなく、一週間と続きませんでした。

それまでの食事は、
ママがぼくの健康を気づかい、魚料理などの和食が中心でした。
煮物、ひじき煮、おひたし、切干大根…など
どれも栄養豊富な料理でしたが、
高校生のぼくはちょっと物足りなさも感じてもいました。

だから…というか、この時とばかりに
自分の好きなものばかりを食べようと決めたぼくは、
6時食をご飯から菓子食パンに変え、
お弁当はできあいのもの、
20時はインスタント食品やジャンクフードなどにし、
栄養も考えず食べたいものを好きなだけ食べていました。

当然の結果というべきか、
ぼくの体はそのつけを払うことになりました。

体重は4キロも増え、
肌にはニキビができ、髪もパサついた状態になりました。
しかも、たった一ヶ月の間に2回も風邪をひいてしまい、
入院中のママを不安にさせる程でした。

術後の経過が良かったママは、
退院後家に帰るなり、
栄養たっぷり愛情たっぷりの料理を作ってくれることに…

ママに食べたいものを聞かれ、
和食好きでもなかったぼくが真っ先に答えたのは、
「煮物」でした。