レーシックはどのように行われるのか

レーシックが実際にどのようにして行われているのか大まかな手術方法を事前に理解しておくようにしましょう。
「レーシック手術の話を聞きに行ったらイメージと全く違う」とならないように勉強をしておきましょう。 視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。
実際のレーシックにおきましてはレーザーで角膜を削り、その場所にレーザーを照射させ、フラップを調整していくこととなります。
最終的には抗生剤が含まれた目薬を挿して終了となり、その時間は15分〜30分程度と非常に短くなっています。

 

レーシックにおきましては、まず最初に眼球に麻酔をすることとなりますが、これは目薬となっているので注射で痛みを感じる麻酔ではありません。
目薬の液体の中に含まれている麻酔となる成分で効果が出て、このことを点眼麻酔と言います。



レーシックはどのように行われるのかブログ:21-11-29

グッドイブニング^^

アスリートの減量法は、非常に過酷です。
期限が決められているので、
普通の方では考えられないようなハードな減量をしています。

しかし、アスリートの方々は、筋肉の量が普通の人とは元々違います。
だから、一般人より痩せやすい肉体であると言えます。

プロボクサーの方には、階級によって体重制限がありますよね。
計量日までに、その体重まで落とさなければ
試合をすることができないのですから必死です。

でも、ただ単に食べない減量法では、
目標体重まで落とせても、何の意味もありません。

食事を抜く減量で、体力が無くなってしまっては、
試合で本来の実力を発揮できなくなってしまいます。
筋肉量を減らさずに、体脂肪を落としていくのが、
ボクサーの減量です。

アスリートの食事面では、
量はもちろん減らしていきますが、栄養バランスを考えて、
減量に取り組んでいきます。

摂取カロリーより消費カロリーを多くすれば、
理論上は体重が減ります。
しかし、そうは問屋が卸さないのが減量ですよね。
辛い日々が、続いていくわけです。

プロボクサーは計量が終われば、
試合までに沢山食べて体重を増やしていきます。
つまり、リバウンドするのです。

アスリートの体重は常に増減しています。
アスリートの方も普通の方も、肉体の作りは一緒です。
ですから、時には体調を悪くするアスリートもいるんです。

アスリートを真似て減量しようとは思わないで、
自分のペースで正しい減量法を実践しましょうね!

フンガフフ