まだまだ新しい技術のレーシック

日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。
レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

 

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。



まだまだ新しい技術のレーシックブログ:21-04-12

シェイプアップを思い立ったときに、
極端にご飯を減らしたり、
偏った栄養素を摂取したりする方法を選ぶ人は
結構多いようですが…

誰しも激しい空腹に耐えうるほどの精神力を
持っているわけはありませんので、
大半の人は挫折してリバウンドします。

度を越したご飯制限を続けていると、
拒食症・過食症などの摂食障害を、引き起こす可能性もありますので、
24時間に最低限必要な栄養素は摂取するべきなんです!

おれ自身、過去に少々過度なご飯制限をした経験がありますが、
健康障害を生じるほどではなかったにせよ、
低血糖状態で24時間中頭がぼーっとしていました。

確かに体重は二ヶ月で7kgほど減りましたが、
やせるというよりやつれた感じで、周りの人から心配されるほどでした。

経験上からもいえることですが、
より整ったスタイルにするためのシェイプアップが、
健康を害するリスクを負いながら、
みすぼらしくやせても何の意味もありません。

人間の体質は極端にエネルギー摂取が減ったときに、
飢餓状態に備えて代謝が落ち、脂肪をあまり燃やさなくなるそうです。

そして、わずかなご飯からも
脂肪を貯めこんでしまうので、体脂肪は減りません。

さらに極端なご飯制限をしていると、
体質は摂ったご飯から最大限の栄養素を吸収しようとしますので、
以前と同じ量のご飯に戻しただけで太ってしまうのです。

極端なご飯制限をしている間は、
空腹によるストレス状態が続いているので、
その反動からご飯制限をする前よりも
ご飯量が増えてしまうことが多いようです。

結局、極端なご飯制限ではやせにくい体質になった上に、
ご飯量が増えてしまう危険性がありますので、
激しい空腹を我慢する割には、なんにも良いことがないんですよね。