まだまだ新しい技術のレーシック

まだまだ新しい技術のレーシック


まだまだ新しい技術のレーシック
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。
レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。




まだまだ新しい技術のレーシックブログ:21-09-04

減量にはトレーニングが大切だと分かっていても
始めるのってなかなか難しいですよね。

そんなときは、普段の生活をトレーニングにしちゃいましょう!
これだったら簡単に始められますし、
連日のことだから、嫌でも続きますしね!

例えば…
母親の仕事といえば、
洗濯、掃除、お買い物、育児…ですが、
これらは全部、いいトレーニングになりますよ。

洗濯は洗濯機がほとんどしてくれるので
干す、たたむ、そしてタンスにしまう…の3つだけですが、
結構、体全身を使います!

洗濯物を干すときは、腕の上げ下ろし、
たたむときは座って、しまうときは立ち上がる。
腕のトレーニングに屈伸トレーニング。

アイロンがけまでしたら
かなりのトレーニング量になりますよ。

掃除は、掃除機をかけるだけではなく、
雑巾がけを追加すると、かなりのトレーニング量になります。
雑巾がけは、減量にかなり効果的です。

お買い物は
なるべく車や自転車を使わないで歩きましょう!
これで連日のお買い物が、ウォーキングに早変わりです。

そして、母親にとって
何よりもトレーニングとなるのが、娘と遊ぶこと。
娘って疲れ果てるまで、ずっと遊んでいるし
娘は小さいので、しゃがんだり立ったりと
かなりのトレーニングになります。

僕がお勧めする遊びは、
「おかあさんといっしょ」を見ながらの歌とダンスですね。

見てすぐに分かると思いますが、ものすごく大変です!
プロが考えたダンスなので、
しっかり体全身が動かせるような振り付けになっているんですよ。

それも、大きな声で歌いながらのダンスですから、
かなりいいトレーニングになりますよ。
娘も喜んでくれますしね!


まだまだ新しい技術のレーシック

まだまだ新しい技術のレーシック

★メニュー

レーシック治療の実績数は要チェック
割引制度を利用してレーシック手術
レーシックはどのように行われるのか
まだまだ新しい技術のレーシック
何よりもクリニックのサポート体制に注目
事前にレーシックの給付金を確認
日帰りで出来るレーシック手術
手術なので確実に成功するとは限らない
これからは裸眼で快適に生活
レーシックの安全性は非常に高い


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック探し始めてみま専科