日帰りで出来るレーシック手術

レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。
現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。

 

レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。



日帰りで出来るレーシック手術ブログ:21-05-18

シェイプアップしようと考える方は少なくないようですが、
同時にシェイプアップに挫折してしまう人も多いようです。

シェイプアップしようという意思があっても、
できないのには、もちろん理由があります。

おそらく早く結果を出そうという
意識が強すぎるのではないでしょうか?

シェイプアップというのは、
食事制限があったり、トレーニングをしなければならないとか、
結構つらいことが伴うものです。

だからシェイプアップは、できるだけ早く
終了したいという意識が働くのでしょう。

すると、
かなり過激なシェイプアップをしなくてはならなくなります。
極端に食事制限してしまうとか、過激なトレーニングをするとか…

かく言うおれも一度、
シェイプアップで失敗してしまった経験があります。
おれの場合も、早くやせようという意識が強かったように思えます。

例えば、
今まで結構な食事の量をとっていたにもかかわらず、
かなり食べる量を減らしました。

またシェイプアップにはトレーニングだ!ということで、
ジョギングを始めました。

いきなり10kmぐらいは走ったでしょうか…
普段からトレーニングをやっている人なら
それほどきついシェイプアップメニューではないかもしれません。

ところがおれは、
今までトレーニングをほとんどやったことがありませんでした。

身体にかなりの負担をかけていたのでしょうね。

今まで、貧血で倒れるという経験はありませんでしたが…
ところがちょっとしたことで
フラッとくるようになってしまったのです。

そこからのペースを
ゆっくりシェイプアップするようにしました。
そのときのおれは、ちょっと無理をしていたようです。

おれのケースだけかもわかりませんが、
いきなりアクセルを目いっぱい踏むというのは
ちょっと危険かもしれませんよ。